Top / ライダー(Pathetic Grail:C)
HTML convert time: 0.015 sec.

ライダー(Pathetic Grail:C)

Last-modified: 2017-07-17 (月) 17:27:18

ライダー

  • 真名:不死身のコシチェイ
  • 身長:218㎝/体重:77㎏
  • 出典:スラヴ民話
  • 地域:ロシア
  • 属性:混沌・悪
  • 特技:歌
  • 好きなもの:年端もいかない少年少女
  • 苦手なもの:英雄的な人間
  • 天敵:女王
  • 筋力:B 耐久:A+ 敏捷:C++
  • 魔力:D 幸運:E 宝具:C

略歴

  • 「儂は不死身のコシチェイ。誰も儂を殺すことはできん。儂の魂は遠い国に隠してあるのだ」
    それは戦士の女王マリヤ・モレーヴナとの戦いの伝説。
    女王マリヤによって敗れたコシチェイは彼女の自室のクローゼットの中に十二本の鎖を以て封じられていた。
    しかし、それを哀れに思ったマリヤの夫イヴァンによって三杯の水を与えられ、それによって活力を取り戻したコシチェイはイヴァンを浚い、逃亡する。

  • それを知ったマリヤはすぐに追いかけイヴァンを取り戻そうとするも、二度にわたり敗北を喫してしまう。
    「貴様の夫が三度水を与えたことに免じ、見逃がそう。二度目もまた見逃すだろう。だが、三度目には貴様の首を刎ねてやろう」
    そして三度目の戦いによってマリヤはその首を刎ねられ、身体は八つ裂きの刑に処されてしまう。

  • しかし、イヴァンの鳥に化けた兄弟たちが用いた命の水と、死の水の力によってマリヤは息を吹き返す。
    三度の敗北の原因のすべてがコシチェイの駆る馬にあると気づいたマリヤは、イヴァンの協力の元、馬の出所――それが魔女バーバ・ヤガーによってもたらされたものであることを知り、自身もまた馬を手に入れるため、バーバ・ヤガーの元へと向かう。

  • バーバ・ヤガーからの困難な試練を乗り越えたマリヤは魔法の馬を駆り、今度こそコシチェイの息の根を止め、自身の夫を取り戻すことに成功する。
    だが、忘れるなかれ。
    これはコシチェイの持つ数多の伝説のほんの一つに過ぎないということに。
    スラヴの民話において同名の人物が活躍することは珍しいことではない。故にコシチェイもまた、その身に多くの逸話を宿している。
    それは不死身の魔王であり、慈悲無き略奪者であり、冒涜を謳う現象そのものでもあったのだ。

人物

  • 長身痩躯の老人。その名は「古き骨」「神の冒涜」等から来ているとされる。
    その事からか、髑髏をあしらった甲冑を身に纏い、白骨で飾り付けた痩せ馬を駆る、死神のごとき様相を見せている。
    また、その身体からはかつて自身を封じていた十二本の鎖が伸びている。
    略奪こそが雄の本能と謳い、努力を嘲い、悪徳を賛美する生粋の邪悪。

スキル

クラス別スキル

  • 多彩なる宝具
  • 霊格:C
  • 対魔力:C
  • 騎乗:A

保有スキル

  • 変化:C
  • 略奪の雄:A
  • 二度慈悲に報いても:A

変化

  • ランク:C
    • 文字通りの変身能力。ライダーは人であったと同時に、出身地域では魔王や妖の類として扱われている。そのため、それにふさわしい姿へと変ずることを可能としている。

略奪の雄

  • ランク:A
    • お伽噺によって綴られるコシチェイの在り様を表すスキル。
      誘拐・拉致・略奪等を行う場合、ステータス及び逃亡・隠蔽の判定に大幅な補正を受ける。
      ただし、奪う対象に傷一つでもつけてしまった場合はこの効果は得られない。

二度慈悲に報いても

  • ランク:A
    • 封じられていたコシチェイが、イワン王子に与えられた三杯の水に対する返礼が形となったスキル。
      逃走する際に彼を傷つけず、またイワン奪還のために挑んできたマリヤを二度に亘って見逃した彼は、三度目にマリヤを惨殺し、四度目の戦いで復活したマリヤに敗れるまでまさしく無敵の存在だった。
      対象を二回にわたり見逃すことで、三度目の戦いにおいて大幅なステータスの補正を受けられる。

宝具

十二の鎖群(ナカザニア)

  • ランク:D-
  • 種別:対霊宝具
  • レンジ:1~10
  • 最大補足:1人
  • 由来:ナカザニア。
    悪霊を縛り封じる聖別された十二本の鎖。
    ……が、ライダーによって破壊され、彼自身の宝具として奪われてしまったことで、そのランクを大きく下げている。
    その為、現状は少々頑丈で自在に動くだけの鎖に過ぎない。

屍晒す敗北の軍勢(ムーサル・ヴ・ナシャレ)

  • ランク:D
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~50
  • 最大補足:666人
  • 由来:ムーサル・ヴ・ナシャレ。
    ライダーが率いる死霊の軍勢。時代の闇に葬られた敗北者の群れ。
    死霊たちの反骨心を無理やりに束ね召喚し、使役することができる。
    しかし彼の逸話において、この軍勢が姿を見せたときは既に敗れ、屍を晒すのみであったことから、この軍勢が勝利することは決して無い。精々が相手の体力を削るのがやっとである。

窮状知らせし白痩駿馬(セヴィット・ポストニィ)

  • ランク:C+
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:99
  • 最大補足:2人
  • 由来:セヴィット・ポストニィ。
    ライダーが駆る愛馬。魔女バーバ・ヤガーによって授けられた魔の馬であり、逃げ惑う者たちを瞬く間に追い詰める駿馬。
    主に対し適切な助言する頭脳と、彼我の戦力差を正しく把握する目を持つ。

六重封印・死ヲ知ラズ(ベスメルティーニ・マトリョシュカ)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1
  • 最大補足:1人
  • 由来:ベスメルティーニ・マトリョシュカ。
    コシチェイの不死性の秘密。自身の心臓――霊核を外部へと取り除き、入れ子細工のように封印を施すことで、霊体であるサーヴァントを不滅の存在とする宝具。
    魂を針に。針を卵へ。卵を産むは空舞う鴨。鴨を欺き地を駆る兎。脱兎は大事に箱へと仕舞え。

  • しかし、この宝具を使用するにあたってはある制限が存在する。それは「この宝具を手元に置いて守ってはならない」というもの。コシチェイの不死身は確かに自らの肉体を不死身とするが、肝心の魂自体を無防備にさらさなくてはならないジレンマを内包しているのだ。